無料ブログはココログ

« 恋愛に有利な武器 | Main

2015.09.27

言葉の表皮


気持ちを伝える言葉は、なかなか難しいもので、詳しく説明しながら伝える種類のものならいいけれど、端的に伝えたいと言う場合は注意がいる。

下手な言葉を使うと、誤解も起こる。

恋愛の中では、「愛してる」と言う言葉なんかは、現実の世界で使うのだろうかと思う。

小説やドラマの中では頻繁に使われるが、現実の恋人同士のやり取りや夫婦の会話に出てくるだろうか。
言う方も照れくさいし、言われた方も重い、と感じてしまいそうだ。

「愛してる」と簡単に言う人は、本心も知れないが、その言葉にどれだけの責任が持てているのか。
そんな簡単に「愛」が発生するかー? と思ったりする。

「好きだ」と言う言葉が、気持ちが軽い、と言うわけではない。
好きな気持ちが大きいとか、真剣だ、という場合に、「好きだ」だけだと、伝えたい側が物足りなさを感じてしまうのだと思うが、それは言葉の限界なんだと思う。

それでも日本語なら、大好きとか、メッチャ好き、とか、他にもいろいろと付け加えて表現する方法もある。
ただ、子供っぽいとか、大人な言い方じゃないとか、受け取られ方に気を回してしまうのだ。

英語なら、恋するも愛するも好きだも「LOVE」なのである。
外国人は臆せず「I LOVE YOU」と言う。
それは恋人だけではなく、親や子供に対しても使う。

同じ単語でも、意味や度合いを違えて使えるということになる。
それは、言葉を使う方ではなく、聞いて取る方の受け止め方で伝わると言う事なんだと思う。

要は、言葉に込める感情ですべてが決まる。
感情を正確に読みとめれれば、どんな言葉であってもいいはずなのだ。

表面の言葉だけで惑わされては、ろくな結果にならない。

« 恋愛に有利な武器 | Main

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92723/62364670

Listed below are links to weblogs that reference 言葉の表皮:

« 恋愛に有利な武器 | Main

Categories

  • 恋愛
november 2017
søn man tir ons tor fre lør
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks