無料ブログはココログ

« juni 2015 | Main

september 2015 posts

2015.09.27

言葉の表皮


気持ちを伝える言葉は、なかなか難しいもので、詳しく説明しながら伝える種類のものならいいけれど、端的に伝えたいと言う場合は注意がいる。

下手な言葉を使うと、誤解も起こる。

恋愛の中では、「愛してる」と言う言葉なんかは、現実の世界で使うのだろうかと思う。

小説やドラマの中では頻繁に使われるが、現実の恋人同士のやり取りや夫婦の会話に出てくるだろうか。
言う方も照れくさいし、言われた方も重い、と感じてしまいそうだ。

「愛してる」と簡単に言う人は、本心も知れないが、その言葉にどれだけの責任が持てているのか。
そんな簡単に「愛」が発生するかー? と思ったりする。

「好きだ」と言う言葉が、気持ちが軽い、と言うわけではない。
好きな気持ちが大きいとか、真剣だ、という場合に、「好きだ」だけだと、伝えたい側が物足りなさを感じてしまうのだと思うが、それは言葉の限界なんだと思う。

それでも日本語なら、大好きとか、メッチャ好き、とか、他にもいろいろと付け加えて表現する方法もある。
ただ、子供っぽいとか、大人な言い方じゃないとか、受け取られ方に気を回してしまうのだ。

英語なら、恋するも愛するも好きだも「LOVE」なのである。
外国人は臆せず「I LOVE YOU」と言う。
それは恋人だけではなく、親や子供に対しても使う。

同じ単語でも、意味や度合いを違えて使えるということになる。
それは、言葉を使う方ではなく、聞いて取る方の受け止め方で伝わると言う事なんだと思う。

要は、言葉に込める感情ですべてが決まる。
感情を正確に読みとめれれば、どんな言葉であってもいいはずなのだ。

表面の言葉だけで惑わされては、ろくな結果にならない。

2015.09.15

恋愛に有利な武器

恋愛に於ける「フィーリングが合う」って、一体何だろうかと考えてみる。
簡単に言ってしまえば、気が合うって事でしょうね。
気→波長に変えれば、波長が合うになる。

説明がつきにくいから、惹き合う力って事でいいんじゃないかとごまかしておく。

その、惹き合うってところを取り上げてみるのだが、最初に「恋愛に於ける」と前置きしたので、その他の場面(たとえば友人とか)は割愛しておく。

惹き合うためには、まずは印象から入ると思う。
印象が悪ければ、どうしても距離を置いてしまい、そこから先に踏み込もうとはしないだろう。

もちろん、最初の印象は悪かったと言う例外もある。
おそらく、その場合も、率先して近づこうとしたわけではなく、流れに巻き込まれて逃げ出せなかったと言う場合が多いと思う。
まあ、それでも後で悪印象を覆すような、良い面を見つけられたのなら良しとしよう。

第一印象なんて言葉も、きれいに包み隠してはいるが、要するに「容姿」が大きいはずである。
早い話が、美人とかイケメンとかの占める割合は大きいに違いない。
そこに「好み」がプラスされる。

それはそれでいいとして、それを取っ掛かりとして、次は「中身」となる。
中身って言っても色々だが、いわゆる「内面」とか「性格」ってことだろう。

外見は年齢と共に衰えるのは仕方ない。
それが理由で別れを切り出されるなら、そんな男(女)は別れて正解でしょ。

しかし、内面が衰えたとなれば、見切られても仕方がない。

内面を重視するというのは、そういう事だろうと思う。
最初に言ってたフィーリングなんてのは、継続してこそなのである。

つまりは、恋愛のきっかけに有利なのは外見かも知れないが、継続は内面が絶対的に有利なはずである。


はい、そういうことで、内面を磨きましょう。

2015.09.03

浮気も不倫も純愛も【恋】


浮気のテーマが続きますな。

浮気の話題になると、たいがいは、主役は妻子ある男をイメージする。
まあ大体が男は浮気性と言う認識ですね。

妻子ある男が独身の女と付き合うとする。
お互いに立場はよくわかっている。

よく女性が『男はそんな勝手なこと言うけど、女の方が本気になったらどうするの?』と言う。

まあ、人間の感情だから それはあり得ます!

だけどその質問は、例えば独身の男女が付き合っている場合に 『気持ちが覚めたらどうするの?』と言うのとなんら変わりはないと思う。
なぜなら、その場合も女は本気だという前提だろうから。

つまりは浮気だろうが不倫だろうが純愛だろうが『別れる事になったらどうするの?』と言う質問と、すべて質が同じだろうと思う。

どうすると言われても、答えられる人はいないんじゃないかな。

むしろ、浮気や不倫は最初から終わりがある、と覚悟できる。
通常の恋愛は、終わるなんて考えもしないだろうから、そっちの方がショックでしょうね。

ただ、ひとつ言えることは、どんな恋をしても、それを自分のレベルアップに生かすことが大事だと言う事ですね。


浮気の自覚

 
 またまた 浮気の定義は置いといて、一般に本命とする彼女や彼氏や妻、亭主がいるのに、他の特定の相手と交友関係を深めたら「浮気」とするならば、と言う前置きで。
 
 好きになる、気に入るという感情が不可抗力である以上、自力で感情に逆らって行動を制御することになる。

 この時点で、感情が発生した事がすでに浮気だ!と言われたらこれはもう防ぎようがないのではないかと思う。

 行動とは、二人きりを避けるとか、連絡を取らないとか、極端に言えば近づかないとかになる。
 そうしないと、どうなるかわからない、つまり気持ちがそっちに行ってしまうのじゃないかと言う疑念が出るからだろう。
 される方は、とられちゃうかも、って事を危惧するわけである。

 しかし、当人にとって、そういう相手は偶像として見ている場合が多いはず。
 なぜなら、お互いに内面外面ともに着飾った[美しい]とか[かっこいい]部分しか見ずに済むからで、本音や本性は、ほとんど隠されていても、知らなければどうってことはない。

 しかし、本命ならばそうはいかない。
 この先、ずっと一緒にいたいなら、本音も本心も知っておかなければやっていけないし、またそれらを知る機会 もあるはずだ。
 それでもなお、好きでいられるのが本命と言うものだろう。

 だとすれば、着飾った偶像を相手していても、いずれは絶対に飽きるのである。
 もしくは偶像が崩れ落ちて失望するとか。

 つまりは本音も本心もさらけ出して、本命に居座っている人は、そんなことで動じなくてもいい。
 
 ただし、偶像を相手にしている自覚の無い人は、偶像が本物だと勘違いして、そっちに行ってしまう事もあるわ けで、本命の立場の人は、そこを恐れるわけなのだね。

 だけど、そんな事もわからん人について行っても、この先不安でないかい?
 
 だから(彼)(彼女)が浮気相手の方に行っちゃったと言う人は、そんな安もん つかまなくてよかったと思うべきな んでしょうね、 うん、まちがいない。

 
 

« juni 2015 | Main

Categories

  • 恋愛
november 2017
søn man tir ons tor fre lør
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Recent Trackbacks