無料ブログはココログ

« maj 2010 | Main | juli 2010 »

juni 2010 posts

2010.06.22

待ちの攻め


世俗的に恋愛の世界でも男は攻め女は受ける。
女は想われて結ばれる方が幸せになれると言われるのも受け入れ側であるという見方だろう。

女から告白するとすごく積極的と評される。
しかし男と違って女からの告白は攻撃ではない。
あくまでも待ちの姿勢が底辺にあるからだ。

結果が良くない場合も待ちの攻めを貫ける。

敢えて男と女に例えたが、これは男の消極的なのは成功率が低く、女の積極的なのは男慣れしているような印象を与えるデメリットがあるからであって、逆がダメだと言うわけではない。

待ちの攻めとは、待ちながらもいつか想いを叶えたい気持ちを持ち続けることにある。


2010.06.09

最高の姿

既婚者の恋愛と独身の人の恋愛には望むものに違いがあると思う。

既婚者だから想いの強さは軽いというのはちょっと違う気がする。

そこには本人の姿勢が関係するだけで、一般的にまとめてしまう事は出来ない。

では望むものの違いとは。


独身の人はすべてを知りたがる、既婚者がそうではないとは言わないが知らなくていい事はたくさんあるはずである。
すべてとはいいところも悪いところも含めて、飾る部分がないところまで知りたくなる。


最初はそれが意外に新鮮に映るが、人はそのうちにそれが当り前であることに嫌気がさしてくる。

本人に嫌気がさすというより、それはむしろさらけ出していない他の人を見るとそれが美しく見えてしまうからである。


知りたかったものを知ってしまうと今度は知らない方に目が行く。
こういう身勝手な原理である。


既婚者は相手の綺麗な部分しか見ない。

会う時はお互いが着飾り、最高の状態を満喫できる。


もちろん独身であってもこの付き合い方を維持できれば同じように最高の相手だけを見れるが、それで満足できないところにジレンマがあるのだろう。


« maj 2010 | Main | juli 2010 »

Categories

  • 恋愛
marts 2017
søn man tir ons tor fre lør
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks