無料ブログはココログ

« april 2009 | Main | juni 2009 »

maj 2009 posts

2009.05.28

男の野心

男の野心は仕事に向かえば向上心を生む。
上を目指せば野望となるが方向性を間違えば危険な結果を招く。

男から見て異性の相手に対して描く野心とは基本は欲望である。
恋に関して純粋ではなく性欲に走る時期もあるのは致し方ない。
しかし女性の気持ちを考えると言うことに重要性を感じ出した頃から、向上心なくしては単なる性欲のみの欲望で終わってしまうと理解できるようになる。

つまり女性の気持ちがわかる、或いはわかろうとする男になりたいと言う野心に変わる。

すべてのことに関して言えるのはまず気づくことである。
女性の気持ちを考えていなかった自分に気づくこと、これが基本でありそこから男は成長が始まる。

それまでは単なる男の子に過ぎない。

2009.05.08

疑惑への対応

疑わしきは罰せずと言う言葉があるが、恋愛においては罰するとまでいかなくともなかなかすんなりと見過ごすこともできないように思う。

疑うと言うことは簡単なのだが、その行為には危険性を伴う。
疑った結果が潔白であれば、それは逆に疑った方の評価を下げることになる。
本人も疑った自分を後悔するであろうし、後悔も何もなしに平気であるならそれを批判されても仕方が無い。
疑うと言うことにはそういうリスクも付き物であるから、安易にすべきことではない。

では疑問が湧き上がったときはどうすべきか。
疑問に思ったらすぐに伝えるのは悪くないと思うが、伝え方に工夫もいるだろう。
頭ごなしに問い詰めると言うのは信頼感の喪失を生む。
あまりに回りくどいのも嫌味な印象を与える。
要は疑ってしまうのは嫌だけど気になってると言うニュアンスで伝えるのがベターなように思う。

相手の対応はまちまちであると思う。
あくまでごまかすのか、潔白を真剣に訴えるのか、邪魔くさそうな態度をみせるのか、もちろんその疑惑が本当のところはどうであるのかにもよるのだが、その態度で相手への評価をくだすことはできる。

つまり疑惑そのものよりその疑惑を伝えられた時の相手の対応の方が本性を知ることができると言うことになるまいか。


« april 2009 | Main | juni 2009 »

Categories

  • 恋愛
december 2017
søn man tir ons tor fre lør
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks