無料ブログはココログ

« 魅力 | Main | ブランド志向 »

2007.06.14

魅力 パートⅡ

若い子であっても何も考えてない子には魅力を感じることはない。
大人の言う通りに生き、平穏無事に過ごしてきた人には「考える」と言う事を必要としないのかも知れない。
逆に早い時期に反抗とか反発を感じ、それを通じて「考える事」を知った子は若くても「自分」と言うものがある。
反抗とか反発は「主張」に変わり、伝える手段をコミュニケーションに変える。
何かを乗り越えた人には年齢に関係なく、その人間に魅力を感じる。
若い子にはまだまだ怖さを恐れない無防備な部分と、幼さ、可能性などを見出す事が出来る。
何も考えることなく年齢を重ねていくと、その若さが消えた時に何も残らない。
大人と子供の狭間にいるうちは失態も許される。
許されることにあぐらをかいてしまっては精神的に大人になる事が出来ない。
実年齢より精神年齢が魅力の源である。
そして可能性を持っている子には魅力がある。

« 魅力 | Main | ブランド志向 »

Comments

何にも考えないで生きている人って存在するのでしょうか…。

他人からみれば、浅く小さな溝ほどの悩みなのかも知れなくても、当の本人にとっては、深く果てしなく広がる海のような悩みだったりするんじゃないでしょうか。

多かれ少なかれ誰しもがそういった悩みを抱え、そして考え生きているのではないでしょうか。

…人は、全ての人は、本来素敵で魅力的なんだと私は思います。

>和音 その通りですね。 「何も考えない」と言う表現が上手くないんですね。
自分の気持ちや思いだけを基軸にしてすべてを考えているんでしょう。
嫌だから嫌。そんな事言われてもわからない、知らない。そんな事できない。
何故相手がそうしたか、そう言ったかを考えないんですね。
すべての人は魅力的であっても、その魅力は原石であり、もっと素敵になる可能性があるのにもったいないと思いますよ。

You can definitely see your expertise in the work you write. The world hopes for more passionate writers like you who are not afraid to mention how they believe. At all times go after your heart.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92723/15430482

Listed below are links to weblogs that reference 魅力 パートⅡ:

« 魅力 | Main | ブランド志向 »

Categories

  • 恋愛
august 2018
søn man tir ons tor fre lør
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Recent Trackbacks