無料ブログはココログ

« いい男であるために | Main | 男にとっての救い »

2007.06.26

かわしのテク

アプローチをきっぱり断るのは簡単である。
しかし、諸事情により、きっぱり断ってしまう道を選択できない場合はかわすしかない。
「断る」と「かわす」とは全く意味が違ってくる。
きっぱり断られたら引き下がるしかない、あるいは食い下がるにしても一旦は下がるのだ。
かわすと言うのは、本質的には断ってはいるのだが相手に望みを持たせておく。
正確には望みがあるように勘違いさせておくわけである。

これは天性でできる人以外は実戦で身に付けるしかない。
しかし実戦でとなると、身に付くまではかわし切れないでパニックになってしまう。
かわす事に於いての絶対条件は「好き」等の相手の感情表現に真っ向から返事しないことである。
「ありがとう」は返事ではない、誰でも礼は言うのだから。
それについて話題を続けささないことが一番である。
話題が続けばいつかは返事をしなければ収まらなくなる。
かと言っていきなり全く脈絡のない話題に変えるわけにはいかない。
返事をすることもなく、徐々にそらしていく、、、やはり慣れるまでは難しいかも知れない。

もう一つは逆にこちらも「好き」と堂々と言ってしまう事である。
Likeなのかそれ以上なのかわからなくなるくらいに平然と言ってやればいい。
相手も気分は悪かろうはずはないから、その後で話題が変わろうともいきなり引き戻すような事はないだろう。
しかしこの場合は勘違いさせるわけであるから、この先もさらにかわし続ける技術も必要となってくる。
やはり実戦経験無くしては簡単にできそうもないようである。

« いい男であるために | Main | 男にとっての救い »

Comments

アタシ始まる前に振られたよwww
ムカつく反面、納得している自分もいます。

仕事上、そのテクニックは不可欠だよなぁ。
難しいわ・・・私の場合、情に流されやすいもんで・・・

こんにちは。

恋愛において、どうしてそういうことが
必要なのかわかりません・・
いやか好きかしかない。
嫌ならノーという。しかし困るのは
いくらノーと言っても、シツコイひとって
どうしたらいいのでしょうか?
仕事上、会うことがあるので。でも、ノーと
はっきり何度も言っているのですが。
わたしは好きでもないひとに好きといわれると、
途端にキライになってしまうんです・・・

>yasuko 始まる前の方がいい場合もあります、また次の恋へ。

>tomo  情に流されるのが一番だめですよ、お互いにね。

>花猫 恋愛には必要ないですよ。しがらみに必要なときがあります。
好きでない人に言われると嫌いになると言うのは、そういう感情で見られることを拒否してしまうんでしょう。

しつこい人、これは完全無視しかないです。仕事上会うことがあるなら、仕事上の事以外はしゃべらないくらいにね。

かわす・・・一人だけの場合ならまだしも、
かわすことのできる人は、よほど生理的に受け付けない相手以外は、たいがいかわしておく・・・。


だから、その後処理に追われて苦労する場合もあったりするわけで・・・


女もなかなか大変な生き物です・・(苦笑)

>寿 男も学習能力があれば、かわされている事に気付くはずですよね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92723/15562065

Listed below are links to weblogs that reference かわしのテク:

« いい男であるために | Main | 男にとっての救い »

Categories

  • 恋愛
april 2018
søn man tir ons tor fre lør
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Recent Trackbacks