無料ブログはココログ

« februar 2006 | Main | april 2006 »

marts 2006 posts

2006.03.09

自分の値打ち

好きな人の行動が気になるのは何故か。それは見えないからである。
一緒にいる時の事は見えているから安心できるが、見えないと不安なのである。
そこには興味と不安が入り混じっている。
何てことないような事でも知って安心したい、重大な事なら尚更だ。
しかし、メールや電話の履歴などを探るのはルール違反となる。
それをやると自分の値打ちが下がってしまう。
たとえ相手に見付からなくてもだ。

2006.03.07

安心感

以前にも書いたが、女性がよく使う言葉で包容力と言うのがある。
根底には、安心して甘えられると言う思いがあるのではないか。
自分を引っ張って欲しいという気持ちの中にも、この「安心」と言う要素が必ずあると思う。
安心できなければ、いくら引っ張ってもらってもついていけないだろうからね。
「多少は強引なくらい」と表現するのも安心できてこそというわけなのである。
安堵感を見いだせなければ合格ラインに入り込めないと結論づけても大袈裟ではない。

2006.03.02

通じる心

恋を楽しむ方法はいくつかあると思うが、中でも大事だと思うのは素直な気持ちをぶつけることが出来ることだと思う。 が、しかしそれはワガママを通すことではない。
気持ちを伝えることが必要なのであって、強要するのではない。

素直に物が言える相手が居るということは素敵な事だ。
相手に理解を期待するからこそ言えるのであり、それは信用の裏返しでもあるはず。
こう言ったら良くは思われないのではないかと不安になるのは、相手への信頼も相手からの信頼にも自信がないからである。
しかしこの自信がワガママになってしまっては意味がない。
素直な気持ちを伝えるということは、同時に相手の素直な気持ちを知りたいと言うことでもある。
言いたい放題ではなく、時には我慢も必要になるだろう。
それは妥協できる我慢であり、相手に合わせるということになる。

どちらかが譲歩する事が必要になることもあるからだが、その譲歩は「理解」に繋がるものであるべきだろう。
決して鬱憤の溜まる「我慢」であってはいけないと思う。
譲歩と我慢の微妙な違いである。

« februar 2006 | Main | april 2006 »

Categories

  • 恋愛
oktober 2017
søn man tir ons tor fre lør
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Recent Trackbacks